女性に体液をかけて逮捕 長野五輪銅メダリストは常習犯か

公開日:

「かけるつもりはなかった」――本人は容疑を否認しているというが、そういう問題じゃないだろう。

 電車内で女性に体液をかけた暴行の疑いで、長野五輪のスピードスケート・ショートトラック銅メダリスト、植松仁容疑者(43=岐阜県羽島市)が11月30日、愛知県警に逮捕された。

 植松容疑者は4月14日金曜日の朝7時50分~8時5分ごろ、名鉄名古屋本線の金山―知立間を走行中の特急電車内で自慰行為にふけった。果てに、乗客の女性(21)がはいていたストッキングの右足の甲の部分に体液をかけた疑いだ。

「女性が県警に相談し、駅の防犯カメラなどから植松容疑者が浮上しましたが、満員の通勤ラッシュを狙った常習犯と見る捜査員もいる。植松容疑者は犯行の翌日、自分のフェイスブックに、カフェで報告書などの資料を作成などと書き込んでいます。それも何事もなかったかのように、というのが、どうも引っかかる。植松容疑者は体液を『出した』ことは認めていますが、『かけるつもりはなかった』と話しています」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る