• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女性に体液をかけて逮捕 長野五輪銅メダリストは常習犯か

「かけるつもりはなかった」――本人は容疑を否認しているというが、そういう問題じゃないだろう。

 電車内で女性に体液をかけた暴行の疑いで、長野五輪のスピードスケート・ショートトラック銅メダリスト、植松仁容疑者(43=岐阜県羽島市)が11月30日、愛知県警に逮捕された。

 植松容疑者は4月14日金曜日の朝7時50分~8時5分ごろ、名鉄名古屋本線の金山―知立間を走行中の特急電車内で自慰行為にふけった。果てに、乗客の女性(21)がはいていたストッキングの右足の甲の部分に体液をかけた疑いだ。

「女性が県警に相談し、駅の防犯カメラなどから植松容疑者が浮上しましたが、満員の通勤ラッシュを狙った常習犯と見る捜査員もいる。植松容疑者は犯行の翌日、自分のフェイスブックに、カフェで報告書などの資料を作成などと書き込んでいます。それも何事もなかったかのように、というのが、どうも引っかかる。植松容疑者は体液を『出した』ことは認めていますが、『かけるつもりはなかった』と話しています」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る