• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

逮捕された“借金だるま” 望月山梨市長を前市長が一刀両断

 逃げ切りとはいかなかった。

 山梨市の市職員採用試験で、特定の人物が合格できるよう筆記試験の点数を水増しするなどの不正を行ったとして、警視庁捜査2課は7日、虚偽有印公文書作成・同行使容疑で市長の望月清賢容疑者(70)を逮捕。容疑を認めている。

「採用試験は筆記などの1次試験と、面接、小論文の2次試験です。望月容疑者は就任直後の2014年度から、前市長が取りやめた2次試験への市長ら幹部の立ち会いを復活させた。そして今回、合格ラインに満たない特定の受験者の点数を自ら職員に改ざんするよう指示し、その見返りに金銭を受け取った疑惑が持ち上がっています」(市関係者)

 望月容疑者をめぐっては、元妻で「差出石材」社長の治美被告(61)が知人に架空の投資話を持ち掛け、約3億7600万円をだまし取ったとして、東京地検に詐欺罪で起訴されている。差出石材はもともと望月容疑者が父親から引き継いだ会社で、02年の県議補選当選を機に治美被告に社長を譲った。今年1月、東京国税局から自宅を差し押さえられた直後に離婚が成立。その後も一緒に生活をしていたことから、偽装離婚がささやかれていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  4. 4

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  5. 5

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る