日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

なぜ関西ペイント社員が? “体液ブッカケ”逮捕の一部始終

 警戒中の警察官の目の前で、醤油のタレビンに入れた精液を女性にぶっかけた変態ヤローが捕まった。

 暴行容疑で兵庫県警尼崎東署に現行犯逮捕されたのは、西宮市甲子園口の関西ペイント社員、美濃島克則容疑者(43)。16日午後6時20分ごろ、通勤客でごった返すJR甲子園口駅の下りホームの階段で、背後からパート女性(38)に近づき、精液をスカートに「ピュッ」と噴射した。

「(タレビンは)魚形ではなく、ワインボトルの形をしたものです。逮捕の6日前、甲子園口駅の2つ隣の尼崎駅でも同様の被害がありました。40代の女性が2階の改札口からエスカレーターで1階のホームに降りようとしていたら、ブラウスの背中に冷たい感覚があったそうです。何か付いたのかなと、背中に手を回したところ、独特の粘り気とニオイがあり、びっくりしたそうです。とにかく気持ち悪くて慌てて駅員に状況を伝え、警察に連絡がありました」(捜査関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事