日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • google+

タイで逮捕の貢ぎ女に新疑惑 熊本益城町議“怪死”と関係か

 ちょうど1年前、地震で大きな被害に見舞われた熊本県益城町。人口3万4000人のその町で、4年前に死亡した町会議員Aさん(当時58歳)をめぐって、ある疑惑が浮上している。

 きっかけは先月30日、熊本県警から7億円に上る出資法違反容疑で国際手配されていた、同町出身の山辺節子容疑者(62)がタイ警察に逮捕されたこと。それを皮切りに、節子容疑者のえげつない過去が次々と明らかになってきた。

「亡くなった節子容疑者の父親は地元のバス会社の運転手で、前町長(2006年から14年まで2期)とは同じ会社の同僚でした。その関係で前町長が出馬する際、節子容疑者が選挙活動を手伝うことになったのです。その時、送り迎えをしていたのがAさんです。前町長と同じ派閥で、腹心でした。そのうち、Aさんは妻子を捨て、節子容疑者に入れ揚げた。前町長は周囲に『節子にだけは気をつけろ』と言っていたそうですが……」(町議会関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事