自民・萩生田氏ブチ上げ 内閣人事局が官僚採用権を握る日

公開日: 更新日:

 厚労省「毎月勤労統計」の不正調査の一件。安倍官邸は厚労省のせいにして逃げるつもりだが、どうやらその先も考えている。厚労省のゴタゴタに乗じて、悪名高き「内閣人事局」の権力を増大させようとしているのだ。

 8日の衆院予算委で、安倍首相の愛弟子である自民党の萩生田光一幹事長代行は、毎勤問題に関して、厚労省の現場の統計官と管理職のギャップを取り上げた。

「統計官の仕事を分かっている管理職はどれくらいいたのか。過去、遡ったら、統計官から局長になったのは、たった1人。自分たちの仕事を分からない上司の下で仕事をする部下は結構大変ですよ」

 ここまでは、その通りだ。次に、萩生田は役所の採用をやり玉に挙げた。

「(採用された官僚は)自分を選んでくれたとずっと(役所と)つながるから変な歪んだ縦の関係が生じている」として、こう畳みかけた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小出恵介は5億3000万円…新井浩文を待つ“15億円”賠償地獄

  2. 2

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  3. 3

    中日・根尾昂が宿舎で見せた「優等生」とは違う“別の顔”

  4. 4

    新井浩文だけじゃない 共演者の犯罪で“お蔵入り”した名作

  5. 5

    お粗末JGA マスターズ女子アマ出場枠を早とちりし大騒動に

  6. 6

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

  7. 7

    日銀もカサ上げ 消費税アップを物価に反映させる“禁じ手”

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    勝負の年は初日97位…横峯さくらスポンサーも失い引退危機

  10. 10

    「実録外伝 大阪電撃作戦」陸軍に学んだ山口組の侵略戦争

もっと見る