加計問題で安倍首相を守った柳瀬氏 東芝関連会社に天下り

公開日:

 バラ色の天下り人生の始まり――。「加計疑惑」で参考人招致された柳瀬唯夫元首相秘書官が天下りしていた。昨年7月に経済産業省の事務方ナンバー2である経済産業審議官を最後に同省を退官したが、12月に電機大手シャープと東芝が出資するパソコン事業会社「ダイナブック」の非常勤取締役に就任していたことが11日、分かった。

 柳瀬氏は、安倍首相の秘書官だった2015年4月に首相官邸で愛媛県職員らと加計学園の獣医学部新設をめぐり面会。同県職員が作成した文書に「本件は首相案件」と発言したと記載された。柳瀬氏は昨年5月の参考人招致で、誰もがウソと疑う苦しい答弁で首相の指示を徹底的に否定。安倍を守り抜いたことで、天下り先も引く手あまたとみられていた。

 経産省では原発推進派の急先鋒だった柳瀬氏、まずは原発を手がける東芝の関連会社に天下りというわけか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  6. 6

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る