米家電IT見本市の主役に 今から仕込みたい「5G関連」18社

公開日:

 米ラスベガスで8日に開幕した世界最大の家電・IT見本市「CES」(11日閉幕)。約4600社が参加し、18万人が来場する見通しだ。

 今年は、次世代移動体通信システム「5G」関連の出展が目立つ。5Gで大容量・高速通信網が広がれば、自動運転や遠隔医療も実現する。日本を含む先進国は今年、実用化を本格化させる。2024年までに世界人口の40%をカバーするという。

 いまのうちに関連株を仕込んでおけば、近い将来“大化け”するかも知れない。いったい、どんな銘柄が有望なのか。すでに市場の反応が始まっているのがインフラ関連だ。

「これから5Gのインフラ整備が急ピッチで進みます。今年、来年がピークです。短期で稼ぐチャンスです」(兜町関係者)

 5G向けの通信計測器に早くから注力してきたアンリツは大本命だ。光ファイバーが大量に敷設されるので、電線ご三家の株も押さえておきたい。基地局向けソフトのアイ・エス・ビーやサイバーコム、さらに通信工事の協和エクシオも忙しくなりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る