日産再建のキーパーソンに 元レースクイーン役員が急浮上

公開日:

 東京地裁は9日、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者が求めていた勾留の取り消し請求を却下した。金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)で最初に逮捕されたのは昨年の11月19日。再逮捕後の勾留期限は11日までで、ゴーン容疑者は少なくとも54日間の拘置所生活となる。

「この間、日産の経営は大揺れです。イメージもかなり悪化しました。株価は逮捕前に比べ10%以上も下がっています。先日公表された12月の国内新車販売台数(乗用車)は前年同月比で10.2%減でした。12月はボーナス月でもあるので、この落ち込みは深刻でしょう」(株式評論家の倉多慎之助氏)

 全体の自動車販売台数は5.8%減だったので、日産離れが加速している可能性は高い。

「経営陣も日産を去ろうとしています。COO(最高執行責任者)を務めた志賀俊之取締役は6月の株主総会後に退任する意向を示しました。泥舟から逃げ出すように、辞任を表明する役員が続出するかもしれません」(経済ジャーナリストの井上学氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る