防衛省は説明せず 辺野古新基地周辺「高さ制限」抵触358件

公開日:

 沖縄の米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設を巡り、米軍が設定する「高さ制限」を超える建造物が新基地周辺に358件あることが明らかになった。7日の東京新聞が報じた。

 離着陸する航空機の安全のために空港周辺で定める高さ制限は、米軍の基準では、滑走路から2286メートルの範囲内に高さ45.72メートル超で、標高9メートルの辺野古の場合は約55メートルとなる。

 基準に抵触する358件の内訳は、沖縄電力や携帯電話会社などの鉄塔13件、建物112件、電柱や標識など233件。

 防衛省は2011~12年に調査した際に制限を超える建造物を把握していたが、県に伝えないまま、13年に辺野古沖の埋め立てを申請した。

 同年末に当時の仲井真弘多知事から承認を受けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る