ハブ 太田剛社長<4>「自分が後継社長に指名されたのは」

公開日:

 英国風パブ「HUB」などを106店舗展開している「ハブ」。もともとハブは、1980年、ダイエー創業者の中内功が設立したものだ。親会社のダイエーが破綻した後、一時「加ト吉」が筆頭株主になるなどオーナーを変えながら堅実に発展を続けた。

 社長の太田剛は、1983年、新卒で入社したプロパーだ。太田は一度、創業者の中内功と1対1で直接、話す機会を得た。

「たまたまHUB浅草店に中内さんが、おひとりでフラリと来店され、ジャックダニエルを1杯飲まれ、やがて『帰るわ』とおっしゃった。少し雨が降っていたので待たせてある車まで傘をさしてお送りしました。その時、尊敬する中内さんに『なぜ英国パブだったのか』と尋ねました」

 中内は歴史から話しはじめ、こう語ったという。

「パブは日本の居酒屋のように『食べながら飲む』のではなく、『飲みながら会話する場』だ。1杯か、2杯飲んで一日をリセットし、明日の活力にする場で英国独特の文化だ。いいか! 絶対に居酒屋にするな。食事メニューには手を出すな」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る