ハブ 太田剛社長<4>「自分が後継社長に指名されたのは」

公開日:

 英国風パブ「HUB」などを106店舗展開している「ハブ」。もともとハブは、1980年、ダイエー創業者の中内功が設立したものだ。親会社のダイエーが破綻した後、一時「加ト吉」が筆頭株主になるなどオーナーを変えながら堅実に発展を続けた。

 社長の太田剛は、1983年、新卒で入社したプロパーだ。太田は一度、創業者の中内功と1対1で直接、話す機会を得た。

「たまたまHUB浅草店に中内さんが、おひとりでフラリと来店され、ジャックダニエルを1杯飲まれ、やがて『帰るわ』とおっしゃった。少し雨が降っていたので待たせてある車まで傘をさしてお送りしました。その時、尊敬する中内さんに『なぜ英国パブだったのか』と尋ねました」

 中内は歴史から話しはじめ、こう語ったという。

「パブは日本の居酒屋のように『食べながら飲む』のではなく、『飲みながら会話する場』だ。1杯か、2杯飲んで一日をリセットし、明日の活力にする場で英国独特の文化だ。いいか! 絶対に居酒屋にするな。食事メニューには手を出すな」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る