賠償の話は一切ナシ…東京医科大に受験生は戻ってくるのか

公開日:

 先月には、6年間で総額約2900万円の学費を約1000万円下げる案を出すなど、新たな入学者の確保に躍起になっている東京医科大だが、こんなズサンな説明で不正に落とされた受験生は戻ってくるのか。大学ジャーナリストの石渡嶺司氏はこう言う。

「過去にあった出題ミスでも予備校費用などの賠償がありましたから、故意の不正でより悪質性の高い今回のケースであれば十分な賠償がなければ大問題です。大学側は一刻も早く追加合格者を決定して、今年度の入試の準備をしたいようですが、こんな拙速な対応で学生が集まるはずはありません」

 新たな受験生を集めるよりも、不正に落とされた受験生の賠償に決着をつけることが先決である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  6. 6

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る