賠償の話は一切ナシ…東京医科大に受験生は戻ってくるのか

公開日:

 女子や多浪生への得点操作が発覚した東京医科大学(東京・新宿区)の不正入試問題で、前学長の辞任により、10月に就任したばかりの林由起子学長は7日、都内で記者会見。合格ラインに達していたのに不合格となった受験生について、追加合格の判定対象とする救済策を発表した。

 対象者は、2017年度と18年度の医学部医学科の入試で、不正な得点操作によって不合格となった受験生計101人。得点操作の影響を排除した新たな入試結果の成績順位表に基づき、入学意思を示した成績上位者から順に追加合格とする。高順位の在校生の存在でも定員の枠が埋まるため、追加合格者が全員入学を希望しても最大で上位63人しか認められない。

 追加合格者への入学の意思確認の締め切りは今月30日。100万円の入学金や年間500万円の授業料の免除などの特別措置や、他大への進学や予備校の費用の賠償については何ら説明がないままだ。複雑な追加合格の救済措置については長々と説明していた林学長も、不合格者へのカネの話になると「第三者委員会で検討中」の一点張りだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る