ハブ 太田剛社長<3>営業部長時代は強みと個性を忘れて迷走

公開日:

 英国風パブ「HUB」などを106店舗運営している「ハブ」。もともとハブは、ダイエー創業者の中内功が設立したものだ。

 大学時代、駅伝選手として鳴らした現社長の太田剛は、1982年夏の就職活動でハブの説明会に出席。「HUBを10年で1000店舗展開する」という壮大な構想に引かれ、大卒定期採用の3期生として83年にハブに入社した。当時、まだHUBは、神戸市三宮をはじめ6店舗しかなかった。

 太田は85年には六本木店店長、86年には渋谷店店長に就き、営業の第一線で力を発揮した。

「HUBは神戸や六本木など、外国人や海外旅行経験者が多い地域は繁盛しましたが、ダイエーの戦略で出店した札幌や平塚はほとんど来客がありませんでした。HUBが採用したキャッシュ・オン・デリバリー方式が、居酒屋文化に慣れた日本人に通用しなかったからです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る