ハブ 太田剛社長<2>社員わずか13人の創業期に新卒で入社

公開日:

「ハブ」社長の太田剛は、大阪経済大時代、駅伝の選手として2~4年の3年間、全日本大学駅伝に出場、伊勢路を走った。

「大学で全日本を3年間走ったのは企業経営とは異なりますが、人間として大きな自信になりました」

 太田は大学4年生の1982年夏、就職活動を始めた。当初はアパレル企業に就職するつもりだった。しかし、ある時、就活仲間と神戸市三宮の英国風パブ「HUB」で一杯飲んでいるうちに考えが変わった。

「HUBに入ってビックリしたのは、内装が豪華だったことと客の半分以上が外国人だったことです。船乗りたちが団体で立ち席に陣取り、母国語で語り合っていました。日本ではなく外国にいるような雰囲気に大きな衝撃を受けました。また1杯180円の生ビールを飲んだのですが、注文は当時は珍しいキャッシュオンデリバリー(代金引き換え払い)、つまりセルフサービス方式でした。注文した品は自分で席まで運ぶスタイルです。店員が注文を取りに来る日本の居酒屋とは全く違うので、最初は戸惑いました。けれども慣れれば、大人の雰囲気が楽しかったですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る