米国のイラン制裁強化で現実味を帯びる“自衛隊の海外派兵”

公開日: 更新日:

「史上最強の制裁だ」。米国のトランプ政権は5日、イランの原油、金融、海運部門を標的にした制裁を再発動した。5月のイラン核合意離脱に伴う措置で、貴金属取引や自動車産業などを対象とした8月の制裁に続く第2弾。イランと取引した国や企業も米金融市場から締め出されたり、制裁金が科されたりする可能性がある。

「アメリカに死を!」――。制裁強化を受け、イラン国内では首都テヘランをはじめ、各地で反米集会が開かれた。空軍や革命防衛隊が参加した大規模な防空軍事演習も行われるなど、今後、米国との対決姿勢はますますエスカレートするに違いない。イラン産原油を輸入している日本は最長で180日間の適用除外が認められたが、「(適用除外は)日本の働きかけが奏功した」なんて喜んでいる場合じゃない。いよいよ自衛隊の海外派兵が現実味を帯びてきたからだ。

「ホルムズ海峡が機雷封鎖された(略)新3要件に当たるという状況であれば、(略)集団的自衛権の一部行使容認の武力行使に(略)それは起こり得る、このように考えている」(2015年3月の衆院予算委)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  5. 5

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  6. 6

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    菅田将暉「3年A組」好調の深い意味…日テレの新看板枠に

もっと見る