貝印・遠藤宏治社長<1>子供の頃から会社を継ぐ役割を自覚

公開日:

 カミソリや包丁、爪切りのほか、調理用やビューティー系、さらに医療用のメスまで、世界でも類を見ない刃物のデパートといえるのが貝印だ。遠藤宏治は3代目社長である。発祥の地は岐阜県関市。創業者の代から「禅の教え」に学んできたという。

「関市の隣の美濃加茂市に臨済宗の正眼寺という寺院があります。川上哲治さんや星野仙一さんも修行に来られた専門道場があって、当社も毎年8月、新入社員が2泊3日の研修を行い、仲間意識を醸成してもらっています」

 遠藤家に出入りしていた正眼寺の老師から、「オマエはこの家の跡取りなのだから」という話を、幼少の頃からよく聞かされていたそうだ。

「子供の頃から、将来は会社を継ぐ運命、役割なのだなという自覚はありました」

 岐阜県関市は、昔から刃物の町として知られる。貝印の御曹司は、当時、関市では特別な存在だったのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る