• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

塩水港製糖・久野修慈会長<2>精神が養われた中央大法学部

 久野氏が生まれた福井県は自民王国とも呼ばれ、保守性が強い土地柄。父親も保守的な考えの持ち主だった。

 本当は早稲田大の法学部に入りたかった久野氏だが、1950年代半ばの同大は左翼の動きが活発になっていた。せっかく合格したものの父から猛反対され、中央大の法学部に進むことにした。

 とはいっても、その選択を後悔することはなかった。“住めば都”というように、中央大への愛着は次第に深まっていった。70年代になると、母校に貢献すべく、大学の理事長にも就任。現在は同窓会本部「学員会」の会長を務めている。

 だが、現役時代はあまり勤勉な学生とはいえなかった。久野氏は「大学の4年間はほとんど勉強しなかった」と打ち明ける。そのひとつの原因が東京・代々木での寮生活だった。300人ほどの学生が共同生活を送っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  2. 2

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  3. 3

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  4. 4

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  7. 7

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  8. 8

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

  9. 9

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  10. 10

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

もっと見る