• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
新田ヒカル
著者のコラム一覧
新田ヒカルスマホ評論家。マネー評論家

1974年、横浜生まれ。テレビ東京「ワールド・ビジネスサテライト」、フジテレビ「スーパーュース」などにテレビ出演。多数。東証、大証でも講演している。

空き家関連「GAテクノロジーズ」「イーグランド」に追い風

「空き家」が社会問題となりつつある現在、中古不動産仲介業に注目が集まっている。

 2033年に、日本の空き家率は30%を超えるといわれており、空き家の増加に伴う安全性や治安の悪化、行政サービスの質低下などが懸念されている。2015年には「空き家対策特別措置法」が施行され、空き家を放置しておくと、行政指導の対象や税制優遇制度から除外されるようになった。よって、近年、空き家を有効利用するためのビジネスが盛り上がっている。

 今回は「空き家関連銘柄」を見ていこう。

 まずは、25日にマザーズに上場予定の「GA technologies」(3491)。中古不動産専用のポータルサービス「Renosy(リノシー)」の運営、中古不動産の仲介などを行っている。同社の特徴は、AI(人工知能)を活用し、投資価値が高い物件をピックアップする仕組みを構築していることである。2013年の創業以来、急成長を遂げ、昨年度の売上高は100億円に迫る勢いだ。「AI」と「中古不動産」という成長期待が高いキーワードを2つ持つ同社は高値期待が持てる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る