• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

梅雨明け早く盛り上がり必至 意外な「猛暑関連銘柄」18社

 今年は、関東甲信地方が1951年の統計開始以来初めて、6月に梅雨明けするなど、早くから暑い。こういう夏は、猛暑関連銘柄が盛り上がるが、エアコン、ビール、塩アメなどは誰もが思いつく。そこで、意外な夏銘柄を物色してみた。

 家計簿サービスの「Zaim」の調査によると、大幸薬品の正露丸は7、8月が支出のピーク。

「確かに、毎年、夏が一番よく売れますね。ビールや冷たいものを取り過ぎたり、エアコンでお腹を冷やしたりするのが要因とみています」(大幸薬品広報担当者)

 他にも「強力わかもと」のわかもと製薬や、「大正漢方胃腸薬」の大正製薬HDなど胃腸薬関連は期待が持てる。

 フジッコの塩こんぶも6~8月が最も売れる時期だ(フジッコ調べ)。夏のマラソンなどスポーツ時の塩分補給で重宝されているからだ。塩アメはなかなか溶けないし、ガムは口に残る。スポーツドリンクは糖分も摂取してしまう。塩こんぶなら、数回噛めばゴックンでき塩分だけを補給できる。また、ダスキンが運営するミスタードーナツは、8月下旬まで「塩ドーナツ」を販売している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る