• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

セゾン投信・中野晴啓社長<3>思いだけでは認めてくれない

 業界で異彩を放っている「セゾン投信」。他社との大きな違いは、投資信託を直販していることと、長期運用にこだわっていることだ。

 社長の中野晴啓が、「直販」というビジネスモデルに活路を見いだしたのは、セゾングループの投資顧問会社にいた1999年のこと。「さわかみ投信」の澤上篤人社長(現会長)との出会いがきっかけだった。

 長期運用を目指したファンドが、販売を委託した証券会社の手数料ビジネスによって“屍ファンド”と化し、わらにもすがる思いで相談に行ったところ、「俺のように投信会社をつくって自分で売ればいい」と薫陶を受けたのだった。

 闇の中で光を見た中野は再チャレンジを決意。親会社クレディセゾンの林野宏社長に、長期投資と直販のプランをしたためた手紙を出す。

「数日後、『面白いじゃないか、やろうよ』と林野社長から直接電話がかかってきた時は感激しましたね。さっそく独立系投信会社設立に向けた奔走が始まりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る