• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

細るヤクザ情報網 蛇の道の行方は蛇に聞かねばわからない

 公安調査庁の元調査第2部長をつとめた菅沼光弘氏は80歳を過ぎたが、まだ新宿に事務所を設けている。去年、訪ねて話を聞いたとき、「暴力団対策法の施行以降、ヤクザは警察との接触をやめた。日本の警察はヤクザについてほとんど分からなくなった」と語っていた。

 菅沼氏は警察の捜査力を落とさないためにも、ヤクザ、暴力団を全否定してはならないという考えであり、今、同じような考えを持つ高級警察官僚はいるか、と尋ねたところ、「誰もいなくなった」が答えだった。

 しかし、第一線のマル暴刑事の中には、今も依然としてヤクザ、暴力団を情報パイプとして維持すべきだという論者がいる。蛇の道はヘビであり、多少癒着の害が生じようと、ヤクザを含む反社勢力の情報を得るためにはヤクザを外せないという意見である。江戸時代の「二足のわらじ」と同じで、博徒やテキヤの親分を取り込んで情報源にし、見返りにお目こぼしもする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る