窪田製薬HD・窪田良社長<3>新薬の期待で株価10倍になるが

公開日:

 窪田製薬ホールディングスは、マザーズに上場している創薬ベンチャー。前身であるアキュセラのCEOの座を追われた窪田良は、株主たちとタッグを組むことで、CEOに返り咲いた。

 加齢黄斑変性の特効薬になるかもしれない新薬候補「エミクススタト塩酸塩」の最終臨床試験となるフェーズ3が佳境を迎えており、今ここで退くことはできなかった。

 復帰後の窪田は、臨床試験に全力を注ぐ。新薬開発の可能性は3万分の1といわれるが、最終段階までくれば、その確率は〇か×かの2分の1。市場の大きさと治療薬が存在しないことが相まって、期待はどんどん膨らんだ。その象徴が株価だった。

 2015年暮れまでアキュセラの株価は700円台だった。ところが年が改まると株価は上昇を始める。6月には臨床試験の結果が出ること、さらにはポジティブな結果への期待が相まって5月25日には一時7700円をつけた。半年で10倍に高騰したことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る