• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米朝首脳会談で市場安堵も…新たに浮上する地政学リスク

 市場の最大の関心事だった米朝首脳会談が12日、無事終わった。会談の行方次第では、株価暴落もあり得ただけに、市場に安堵感が漂っている。米朝の軍事衝突という地政学リスクも後退し、日経平均は13日も続伸、2万2966円で引けた。

「7月中旬ごろまで株高傾向は続くと思っています。その間に、終値ベースの年初来高値2万4124円に届くかどうかがポイントでしょう。ここを抜ければ力強い相場が期待できます」(ちばぎん証券アナリストの安藤富士男氏)

 7月中旬ごろから企業の決算発表(第1四半期=4~6月期)が始まり、市場は神経質な動きになる。それまで上昇相場が続く可能性は高いというのだ。大手証券が予想する18年度の経常増益率(大手企業)は8%台。野村は8.7%、大和は8.3%、SMBC日興は8.8%となっている。

「企業業績を考慮すると、株価は8~9%の上昇が見込めます。日経平均にあてはめると、2万5000円近辺です。不安要素だった米朝首脳会談を乗り越えたことで、市場は明るい材料に目を向けるようになっています」(市場関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  6. 6

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  10. 10

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

もっと見る