• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

窪田製薬HD・窪田良社長<2>上場後、突然CEOの座を追われる

 窪田製薬ホールディングスは、東証マザーズに上場している創薬ベンチャーである。創業社長の窪田良は、もともと優秀な眼科医。小さい頃から目が好きだったという。人間の目だけでなく、カエルの目やイヌの目にも興味を引かれ、目に携わる仕事をしたいと考えていた。眼科医という仕事を窪田が選んだのは当然のことだった。その眼科医の道を捨てて米シアトルで起業した創薬ベンチャー「アキュセラ」(窪田製薬の前身)で窪田が目指したのは、「眼疾患に苦しむ人の視力維持と回復に貢献する」こと。

 人間の五感の中でも、目から入ってくる情報は他の4つよりはるかに大きい。それだけに失明した場合、日常生活を送るにも困難がつきまとう。それを防ぐことが自らのミッションだと窪田は言う。

 世界の失明原因でもっとも多いのが加齢黄斑変性。加齢により網膜の中心部である黄斑に障害が生じ、進行すれば失明に至る。世界には1億人を超える患者がおり、日本でも高齢化が進むにつれて増え、失明原因の4位となっている。現在のところ特効薬はなく、iPS細胞による治療法の開発が進められているが、仮に実用化されたとしても、その工程やコストから、限られた人に対する治療法にならざるを得ない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る