• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米朝会談は最終調整 両首脳シンガポール入りで厳戒態勢

 米朝首脳会談を12日に控え、シンガポールは次第に緊張が高まっている。

 金正恩委員長は日本時間10日午後3時半ごろ、平壌から中国国際航空の特別機でチャンギ国際空港に到着。シンガポールのリー・シェンロン首相と会談した。金委員長の妹の与正朝鮮労働党第1副部長、芸術団の玄松月団長の同行も確認された。

 一方、カナダでのG7首脳会談を終えたトランプ大統領は午後9時半ごろ、大統領専用機でパヤ・レバー空軍基地に到着。そのまま宿泊先のホテルに入った。

 金委員長が宿泊する「セントレジデンス・シンガポール」とトランプ大統領が宿泊する「シャングリラ・ホテル」は、どちらもシンガポール中心部に設定されている「特別行事区域」にあり、徒歩数分の距離。両ホテル周辺は黄色のテープで規制線が張られ、関係者以外の立ち入りが厳しく制限されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  4. 4

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  5. 5

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  10. 10

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

もっと見る