米朝会談で10億円ビジネス 報道1ブース65万円の法外使用料

公開日:  更新日:

 いよいよ、12日に開かれるトランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長による初の米朝首脳会談。歴史的会談の開催地となるシンガポール国内はピリピリとした緊張感に包まれているのかと思いきや違った。首脳会談の報道陣をターゲットに、あの手この手の“特需ビジネス”が展開されているのだ。

 現地報道などによると、米朝首脳会談を取材する記者は2500人前後で、ホテル代、食費、交通費などを合わせると計1000万ドル(約11億円)以上の経済効果が期待されている。記者以外にも世界中から数千人規模の外交官が情報収集のために同国を訪れており、ホテル相場が急騰。冷蔵庫のない部屋でも1泊100ドル(約1万1000円)以上、チャイナタウンやインディアンタウンにあるカプセルホテルでも1泊60ドル(約6600円)以上にハネ上がっている。

 北朝鮮は先遣隊だけでも100人以上。当然、厳重警備が必要で、シンガポール政府が依頼した警備会社はウハウハだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

もっと見る