6・12米朝会談で狙う関連銘柄 決裂でも融和でも妙味あり

公開日:

 融和か、決裂か――。12日に開催が迫った史上初の米朝首脳会談。楽観的な見方の一方で、決裂の可能性も否定しがたい。どっちに転ぶかで、値上がりする関連銘柄も違ってくる。

 決裂なら、株式市場も一気に緊張が高まる。

「全般的に株価は下がるでしょうが、防衛関連は上がるでしょう。トランプ大統領が米朝会談の中止を発表した際も、急騰しています」(経済ジャーナリスト・井上学氏)

 照明弾や発煙筒の細谷火工、機雷や弾薬の石川製作所、防毒マスクの重松製作所と興研、小銃の豊和工業、船舶に搭載する情報表示装置の日本アビオニクスのほか、Jアラートの受信機などを扱う理経にも注目だ。

 会談が決裂せず、朝鮮戦争終結や次の会談などの話に進展すれば、幅広い分野の関連株が反応しそうだ。まずは、インフラ関係。電力設備の日本工営は戦前、朝鮮半島で電源開発工事を行っていた。太平電業は中国や韓国の発電所工事の実績がある。古河電工は北の国境に近い中国・瀋陽に電力ケーブルの工場を持つ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る