• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

野球ファンが士官候補生に差し出した傘が意味することは…

 百万言を費やすより、1つの行為が雄弁に物事の本質を物語る場合がある。大リーグ、アトランタ・ブレーブスの、あるファンが示した行為はその好例だろう。

 5月28日は、米国の祝日メモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)。文字通り、兵役中に亡くなった兵士を追悼する日だ。

 この日、米アトランタ州ジョージアの野球場サントラスト・パークでは雨の中、地元アトランタ・ブレーブスとニューヨーク・メッツの試合が行われた。同球場の客席には1つ空席があり、捕虜もしくは任務中に行方不明になった将兵の記念碑が設置されている。

 記念碑には「第一次世界大戦以来、9万2000人以上の米軍将兵が行方不明になっている。この空席は勇敢な男女の記憶と、彼らがこの国に奉仕するうえで払った犠牲に捧げられたものだ」と記されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る