野球ファンが士官候補生に差し出した傘が意味することは…

公開日:

 百万言を費やすより、1つの行為が雄弁に物事の本質を物語る場合がある。大リーグ、アトランタ・ブレーブスの、あるファンが示した行為はその好例だろう。

 5月28日は、米国の祝日メモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)。文字通り、兵役中に亡くなった兵士を追悼する日だ。

 この日、米アトランタ州ジョージアの野球場サントラスト・パークでは雨の中、地元アトランタ・ブレーブスとニューヨーク・メッツの試合が行われた。同球場の客席には1つ空席があり、捕虜もしくは任務中に行方不明になった将兵の記念碑が設置されている。

 記念碑には「第一次世界大戦以来、9万2000人以上の米軍将兵が行方不明になっている。この空席は勇敢な男女の記憶と、彼らがこの国に奉仕するうえで払った犠牲に捧げられたものだ」と記されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る