野球ファンが士官候補生に差し出した傘が意味することは…

公開日:

 百万言を費やすより、1つの行為が雄弁に物事の本質を物語る場合がある。大リーグ、アトランタ・ブレーブスの、あるファンが示した行為はその好例だろう。

 5月28日は、米国の祝日メモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)。文字通り、兵役中に亡くなった兵士を追悼する日だ。

 この日、米アトランタ州ジョージアの野球場サントラスト・パークでは雨の中、地元アトランタ・ブレーブスとニューヨーク・メッツの試合が行われた。同球場の客席には1つ空席があり、捕虜もしくは任務中に行方不明になった将兵の記念碑が設置されている。

 記念碑には「第一次世界大戦以来、9万2000人以上の米軍将兵が行方不明になっている。この空席は勇敢な男女の記憶と、彼らがこの国に奉仕するうえで払った犠牲に捧げられたものだ」と記されている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る