• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
斎藤貴男
著者のコラム一覧
斎藤貴男ジャーナリスト

1958年生まれ。早大卒。イギリス・バーミンガム大学で修士号(国際学MA)取得。日本工業新聞、プレジデント、週刊文春の記者などを経てフリーに。「戦争のできる国へ 安倍政権の正体」(朝日新書)、「機会不平等」(岩波現代文庫)、「国民のしつけ方」(インターナショナル新書)など著書多数。

スルガ銀は偽造を認識…銀行が社会不安の元凶になる無残

 スルガ銀行(本店・静岡県沼津市)の多くの行員が、シェアハウスに投資した物件オーナーへの融資に必要な書類が偽造・改竄されている実態を認識していたらしいことがわかった。同行の米山明広社長が15日に記者会見で謝罪した。

 スルガ銀のシェアハウス関連融資の総額は約2035億円。4月に経営破綻した「スマートデイズ」に絡む融資が、その6割ほどを占めている。

 同社はオーナーに家賃収入の30年保証を約束しながら、不払いを重ねて社会問題化した。書類の偽造は預金残高の書き換えにまで及び、詐欺の疑いもある。米山氏は役員や社員の関与については口を閉ざしたが、認識していて無関係などということはあり得ない。

 悪徳商法の被害者にされたオーナー側は、当然、スルガ銀を私文書偽造などの容疑で警視庁に刑事告発する方針だ。やれやれ、と思う。銀行はどこまで落ちれば気が済むのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る