• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
斎藤貴男
著者のコラム一覧
斎藤貴男ジャーナリスト

1958年生まれ早大商卒業、英国・バーミンガム大学大学院修了(国際学MA)。『日本工業新聞』入社後、『プレジデント』編集部、『週刊文春』の記者を経て独立。弱者の視点に立ち、権力者の横暴を徹底的に批判する著作を出し続けている。消費税の逆進性を指摘する著作も多数。「機会不平等」「安心のファシズム」「戦争のできる国へ 安倍政権の正体」「ちゃんとわかる消費税」など。

スルガ銀は偽造を認識…銀行が社会不安の元凶になる無残

 スルガ銀行(本店・静岡県沼津市)の多くの行員が、シェアハウスに投資した物件オーナーへの融資に必要な書類が偽造・改竄されている実態を認識していたらしいことがわかった。同行の米山明広社長が15日に記者会見で謝罪した。

 スルガ銀のシェアハウス関連融資の総額は約2035億円。4月に経営破綻した「スマートデイズ」に絡む融資が、その6割ほどを占めている。

 同社はオーナーに家賃収入の30年保証を約束しながら、不払いを重ねて社会問題化した。書類の偽造は預金残高の書き換えにまで及び、詐欺の疑いもある。米山氏は役員や社員の関与については口を閉ざしたが、認識していて無関係などということはあり得ない。

 悪徳商法の被害者にされたオーナー側は、当然、スルガ銀を私文書偽造などの容疑で警視庁に刑事告発する方針だ。やれやれ、と思う。銀行はどこまで落ちれば気が済むのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  4. 4

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  5. 5

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  10. 10

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

もっと見る