• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジャーナリストの恵谷治氏が死去 世界の紛争地帯を取材

 ジャーナリストの恵谷治氏が20日に死去していたことが分かった。死因はすい臓がん。69歳だった。

 通夜は26日午後6時、葬儀・告別式は27日午前9時半、東京都渋谷区西原2―42―1、代々幡斎場で行われる。喪主は妻の真保さん。

 1949年東京生まれ、広島・尾道育ち、早稲田大学法学部卒。同大探検部在籍当時から世界の紛争地帯などを現地調査、取材した。民族紛争、軍事情報に精通し、特に北朝鮮問題に関する分析は海外のメディアからも注目を集め、著作も多数ある。雑誌・新聞にも活発に寄稿を行い、テレビのコメンテーターとしても活動した。

 月刊「正論」6月号で、米朝緊迫の中で準備されている米軍の対北朝鮮軍事作戦計画に関する記事を発表したばかりだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  4. 4

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  5. 5

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  6. 6

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  10. 10

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

もっと見る