ジャーナリストの恵谷治氏が死去 世界の紛争地帯を取材

公開日:

 ジャーナリストの恵谷治氏が20日に死去していたことが分かった。死因はすい臓がん。69歳だった。

 通夜は26日午後6時、葬儀・告別式は27日午前9時半、東京都渋谷区西原2―42―1、代々幡斎場で行われる。喪主は妻の真保さん。

 1949年東京生まれ、広島・尾道育ち、早稲田大学法学部卒。同大探検部在籍当時から世界の紛争地帯などを現地調査、取材した。民族紛争、軍事情報に精通し、特に北朝鮮問題に関する分析は海外のメディアからも注目を集め、著作も多数ある。雑誌・新聞にも活発に寄稿を行い、テレビのコメンテーターとしても活動した。

 月刊「正論」6月号で、米朝緊迫の中で準備されている米軍の対北朝鮮軍事作戦計画に関する記事を発表したばかりだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る