• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジャーナリストの恵谷治氏が死去 世界の紛争地帯を取材

 ジャーナリストの恵谷治氏が20日に死去していたことが分かった。死因はすい臓がん。69歳だった。

 通夜は26日午後6時、葬儀・告別式は27日午前9時半、東京都渋谷区西原2―42―1、代々幡斎場で行われる。喪主は妻の真保さん。

 1949年東京生まれ、広島・尾道育ち、早稲田大学法学部卒。同大探検部在籍当時から世界の紛争地帯などを現地調査、取材した。民族紛争、軍事情報に精通し、特に北朝鮮問題に関する分析は海外のメディアからも注目を集め、著作も多数ある。雑誌・新聞にも活発に寄稿を行い、テレビのコメンテーターとしても活動した。

 月刊「正論」6月号で、米朝緊迫の中で準備されている米軍の対北朝鮮軍事作戦計画に関する記事を発表したばかりだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る