存在感増すIT企業 グーグル開発子会社「ウェイモ」の動向

公開日:

「自動車産業は今、100年に1度といわれる大変革の時代に突入し、ライバルも競争のルールも変わり、まさに未知の世界での生死をかけた戦いが始まっている」

 5月9日の決算会見で、トヨタ自動車の豊田章男社長はこう話したが、自動運転の領域はまさしくその土俵といっていいだろう。IT企業をはじめ、これまで車とは縁が遠かった企業が続々と自動運転技術の開発に取り組んでいるからだ。

 しかも、IT企業は自動車会社とは発想も仕事の進め方も全く違う。とにかくスピード優先で、高い目標を掲げてひたすら走るといった感じなのだ。ものになりそうな技術があれば、すぐに実際に使ってみる。自動車会社が二の足を踏みそうなものでも、使ってみて問題があったら直していくという姿勢だ。

 そんなIT企業の代表がグーグルといっていいだろう。同社は自動運転研究開発子会社ウェイモを持ち、そこで日々、走行実験を重ねて自動運転に関わるデータを集め分析している。その量は群を抜き、それを基に開発された自動運転のソフトウエアは他社を完全に凌駕しているといわれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  9. 9

    札幌で停電…金子マリの息子を背負いホテルの11階まで上る

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る