• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

2020年東京五輪の入場券 最高価格は開会式28万8千円で検討

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が五輪の一般向けの入場券の最高価格は、開会式が28万8000円、競技では陸上の10万8000円で検討していることが分かった。15日、入場券に関する有識者会議で協議する。

 パラリンピックの最高価格は、開会式が14万4100円、競技は陸上や水泳の6500円と設定する方針だ。

 入場券は幅広い価格設定がなされる見込み。一般の入場券の他に小学生を対象とした1000~2020円の入場券や、家族向けに1人当たり1600~6100円で購入できる3~4枚組のものや、車いす観戦者とその同伴者向けの企画チケットも検討している。

 入場券価格案は7月の国際オリンピック委員会理事会で検討される。

 ところで五輪入場券は、ネットオークションなどで転売され、さらに高騰する可能性がある。総務省などが入場券販売の際に国のマイナンバー制度を活用して個人認証を行い、不正転売を防止する案も検討している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事