• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「社内交際」宣言で3万円 人材獲得に励むユニーク企業制度

 空前の売り手市場が続く中、“初任給30万円オーバー”が当たり前になってきた。場合によっては、入社1年目の息子・娘にお父さんの給料が逆転される可能性もある。

 日経新聞が報じた2019年春採用の初任給トップは、コンサルティング大手の「PwCジャパン」の35万円。「楽天」「明和地所」「ミクシィ」なども30万円の大台を超えた。「労務行政研究所」の東証1部上場228社の昨年調査でも、約4割の企業が初任給を引き上げたと回答し、その平均は21万868円だった。

 もちろん、会社の良し悪しは初任給ばかりでは推し測れないが、人手不足がより深刻なIT業界は、さらなる好待遇で学生を呼び込んでいる。

 PwCジャパンと同じ初任給35万円を掲げたのが、WEB事業や海外医療事業を行う「DYM」(従業員456人)だ。同社はただ単に給料が高いだけでなく、各種手当や福利厚生面でもかなりユニーク。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  3. 3

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  4. 4

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  5. 5

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  6. 6

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  7. 7

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  8. 8

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  9. 9

    18番で痛恨OB 松山英樹“1打足りず予選落ち”は当然の結果か

  10. 10

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

もっと見る