オマツリジャパン・加藤優子社長<1>お祭りに目覚めた美大生

公開日:

 日本人が愛してやまない「お祭り」を盛り上げることで、日本全体を元気にしたい――。そんな思いで美大卒のお祭り好き女子が起業したのが、オマツリジャパンだ。

 2015年11月に設立されたばかりのベンチャーだが、キリンホールディングスや第一勧業信組といった大手企業がこぞって出資する“注目株”だ。全国各地のお祭りのコンサルティングや、告知、協賛金集めに協力するビジネスモデルが脚光を浴びている。

 代表取締役の加藤優子社長(30)は東京・練馬育ち。子供の頃から母の郷里で開催される青森ねぶた祭りへ、毎年のように連れられていた。だが祭りに熱い思いを抱くようになったのは11年。全国で自粛ムードが広がる中、ねぶた祭りも例年に比べて観光客は少なく見えた。だが地元の人たちは、いつもと変わらず熱狂しており、加藤氏は「これこそが日本人の元気の源なのだ」と実感したという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る