• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
室井佑月
著者のコラム一覧
室井佑月作家

1970年、青森県生まれ。銀座ホステス、モデル、レースクイーンなどを経て97年に作家デビュー。TBS系「ひるおび!」木曜レギュラーほか各局の情報番組に出演中。著書に「ママの神様」(講談社)、「ラブ ファイアー」(集英社文庫)など。

「字画バッチリ」と党名を自賛…国民民主党は大丈夫か?

 あたしは野党共闘&与党打倒を願っておる。だから、あんまり話題になっていないこの新党の設立大会の様子だって、ネットで生で見ていたのよ。

 始終、高校の生徒会みたいなノリだったこの会で、いちばんわざとらしくなく会場が沸いたのは、両代表が字画の話をしたところ。

 もう一度いう。大丈夫か?

 占いなんかに頼っているところをみると、本人たちもそう感じているのかもしれない。

 つーか、我が国の御大将やその妻も、スピリチュアル的なことが大好きらしいが、政治家はそんなもんに頼るなよ。そんなもんで政の判断をしているなんて、情けないわ、恐ろしいわ……。

 ま、あたしも占いは嫌いではない。暇だから、国民民主党の字画を調べてみた。33画は「飛ぶ鳥を落とす勢いで出世する」だって。だが、「出しゃばりすぎて反感を買うことも」。

 ちなみに自由民主党は「地位名誉を得て大繁栄していく」31画だって。ケッ。

 玉木クン、こうなったら『国民民手党』にして、32画にするのじゃぁ~。32画は「渡りに船、棚から牡丹餅の強運」。今あなた方が求めているのはこれじゃないの?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  2. 2

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る