ストライプインターナショナル石川康晴社長<4>いずれ誰かがやるなら自分が

公開日:

 奇想天外なアイデアで次々に新規事業を展開し、「ストライプインターナショナル」を年商1300億円のアパレル企業に育て上げた創業社長の石川康晴。

 いま大ヒットしているのが、「メチャカリ」という事業だ。このビジネスは、乱暴に言ってしまうと、最新の人気婦人服をネットを通じてレンタルし、その後、その服を中古品として売るというものだ。アパレル業界にとって、このビジネスは画期的というか、タブーに近い。せっかくの最新ファッションを高値で売るチャンスを失う恐れがあるからだ。なぜ、石川はこの新事業を始めたのか。

「この数年、さまざまなシェアリングが誕生しています。僕たちがやらなくても、いずれIT業者など、誰かがファッションのレンタルを開始するだろうと思っていました。だったら、ファッションを本業とする自分たちがその先駆けになろうと思ったのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る