• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
溝口敦
著者のコラム一覧
溝口敦ノンフィクション作家、ジャーナリスト

1942年7月5日生まれ。早大政経卒 徳間書店、博報堂勤務を経て、フリージャーリストに。暴力団や闇の世界に深く食い込んだド迫力ルポには定評がある。『食肉の帝王』で第25回講談社ノンフィクション賞受賞、日本ジャーナリスト会議賞受賞。『暴力団』(2011年)がベストセラーに。

暴力団員が減る中…任侠山口組だけが“増えている”裏事情

 警察庁は12日、昨年末時点の暴力団構成員(組員)、準構成員(以下、準構と略す)は合計3万4500人、1958(昭和33)年以降、最少になったと発表した。組員は前年比1300人減の1万6800人、準構は前年比3200人減の1万7700人という。

 これによると、指定暴力団はおよそ組員とほぼ同数の準構を抱えていると推測できる。準構は組に籍を置かないが、組事務所や組系列の企業などに日常的に出入りしている者と考えられる。

 発表によれば、6代目山口組1万300人、神戸山口組5100人という。これらは組員と準構を合わせた数だが、それぞれ減少している。去年4月に発足した任侠山口組についてはまだ今回の統計には表れていない(警察発表の暫定的な数字として組員460人、準構300人がある)。

 だが、今年3月末、任侠山口組が各ブロック会議で集約した数字があり、それによると、組員数764人、うち逮捕者118人、差し引き646人が表の部隊とされる。裏方である準構は800~1000人、合計約1500人の勢力という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    有働アナ取られ…大手がマツコに意趣返し“共演NG包囲網”も

  2. 2

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  3. 3

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  4. 4

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    梨田監督ついに決断…楽天・松井は二軍落ちが大正解の理由

  7. 7

    支持率下落が続く安倍政権 今度は対北外交でも国民にウソ

  8. 8

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  9. 9

    前川清さん語る運の尽き 演歌界の“酒豪四天王”に誘われて

  10. 10

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

もっと見る