• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

コカ・コーラ初のアルコール 缶酎ハイ「檸檬堂」の成否は

 コカ・コーラシステム(東京)が5月28日から缶酎ハイ「檸檬堂」シリーズを販売すると発表した。世界展開するコカ・コーラグループが自社ブランドとしてアルコール飲料を発売するのはこれが初めてのため話題になっている。

 発売するのは「檸檬堂 定番レモン」(アルコール度数5%)と「檸檬堂 塩レモン」(同7%)、「檸檬堂 はちみつレモン」(同3%)の3種類で、まずは九州地区での限定販売を行う。内容量350ミリリットルで希望小売価格は150円だ。

 酎ハイやハイボール、レモンサワーなどのアルコール系缶飲料はフタを開ければすぐに飲めることから「RTD(Ready To Drink)」と呼ばれる。ビールの売り上げが下降気味なのに対して、RTDの市場は好調だ。

「RTD市場は売り上げが毎年10%増で、今後も拡大が見込まれています」とは経済ジャーナリストの真保紀一郎氏。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事