• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

市場当局が石原都政時代から潜り込ませた“インチキ図面”

 本当に半年後に移転できるのか。日刊ゲンダイは、2011年6月に都の中央卸売市場(市場当局)が作成した工事図面を独自入手。汚染水の敷地外への漏出を防ぐために埋設する護岸側の「遮水壁」の高さは、都の基準海水面(AP)からプラス4メートルと記されている。地表面はAP+6.5メートルだから、地表より2.5メートルも“背丈”が低い状態だ。

 ところが、昨年4月の「市場のあり方戦略本部」に提出された市場の断面図では、遮水壁が地表に達しているかのように描かれていた。さらに、本紙の調べで、遮水壁が地表に達しているかのように描かれた断面図は、11年7月に市場当局が都の環境局に提出した環境影響評価(アセスメント)の書類にも掲載されていたことが分かった。

 評価書に掲載された断面図でも、遮水壁は地表に達している。市場当局は石原都政時代の約7年も前からインチキ図面を評価書に潜り込ませていたわけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事