• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ワセダクロニクル渡辺周編集長<5>気が付けば同士が自然に

 2013年、朝日新聞の特報部に移った渡辺は水を得た魚のように活躍した。NUMO(原子力発電環境整備機構)の核燃料再処理処分場を取材する過程で、言葉巧みに処分場の応募を促す詐欺師を突き止めたのも渡辺である。

 ところが、その特報部は2014年、いわゆる「吉田調書」で激震に見舞われる。

 調書に基づいて、朝日が「福島第1原発にいた作業員が『所長命令に違反 原発撤退』」と報じた記事がその後、大問題になったのである。

 2014年9月11日、「吉田調書」記事は取り消され、朝日新聞は謝罪した。訂正ではなく取り消しにし、臭いモノにフタをして責任回避しようとする経営陣に対し、渡辺は憤った。社員総会でも積極的に発言し、かみついた。こんなことでは調査報道などできない――。こう追及する渡辺の舌鋒は鋭く、他の記者は「あんまり吊るし上げないほうがいいよ」と忠告した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  5. 5

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る