シリア情勢緊迫で市場反応…「戦争銘柄」逆行高のキナ臭さ

公開日:  更新日:

 中東情勢の緊迫化が、市場を揺さぶっている。化学兵器の使用疑惑が持ち上がったシリアのアサド政権に対し、トランプ米大統領は軍事行動に――。

「地政学リスクが急浮上しています。北朝鮮リスクが後退した途端に、シリア問題が降って湧いた感じです。市場は神経質な動きとなっています」(市場関係者)

 12日、日経平均は前日比マイナスで引けた。ところが、いわゆる“戦争銘柄”は逆行高を演じたのだ。機雷や地雷で知られる石川製作所は前日比でプラス6・2%の2360円(終値)。小銃や火器の豊和工業は2・8%アップの1245円だった。

 照明弾の細谷火工はプラス3・0%、防毒マスクの重松製作所はプラス6・0%、防弾チョッキ用の繊維を扱う北日本紡績も2・6%アップだ。日経平均がマイナスで引けただけに、戦争銘柄は異様な盛り上がりを見せたことになる(別表参照)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る