• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

シリア情勢緊迫で市場反応…「戦争銘柄」逆行高のキナ臭さ

 中東情勢の緊迫化が、市場を揺さぶっている。化学兵器の使用疑惑が持ち上がったシリアのアサド政権に対し、トランプ米大統領は軍事行動に――。

「地政学リスクが急浮上しています。北朝鮮リスクが後退した途端に、シリア問題が降って湧いた感じです。市場は神経質な動きとなっています」(市場関係者)

 12日、日経平均は前日比マイナスで引けた。ところが、いわゆる“戦争銘柄”は逆行高を演じたのだ。機雷や地雷で知られる石川製作所は前日比でプラス6・2%の2360円(終値)。小銃や火器の豊和工業は2・8%アップの1245円だった。

 照明弾の細谷火工はプラス3・0%、防毒マスクの重松製作所はプラス6・0%、防弾チョッキ用の繊維を扱う北日本紡績も2・6%アップだ。日経平均がマイナスで引けただけに、戦争銘柄は異様な盛り上がりを見せたことになる(別表参照)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事