• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

改ざん、隠蔽…行政の不正続発の背景に“政府の活動の質”

情報をコントロール下に置きたいから「記録がない」

  ――財務省の改ざん前文書は森友学園との交渉の経緯が詳しく書かれていました。改ざんが表面化し、大騒ぎになったことで、今後は詳細に書き込まなくなりませんか。

 決裁文書の調書や法律相談書などを見ると、森友学園は相当タフな相手です。交渉担当レベルで言えば、自分たちの理解や判断を超えたものがあったのかなと想像できる。だからこそ、調書に経緯をちゃんと残しておいた。自分たちのリスクヘッジとして残したと思われます。

 ところが、逆に残しておいたことが、もっと大きなリスクになってしまった。この先、身を守るために記録を残すという原則が通用しなくなる恐れがあります。「記録を残していくことはリスクだ」「残しても行政文書でなく個人レベルのものにしよう」という悪い教訓になりかねません。

  ――どうすればいいでしょう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  3. 3

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  6. 6

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

もっと見る