• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ワセダクロニクル渡辺周編集長<3>記事にお金がついてくる

 2015年の夏、渡辺は記者仲間と、韓国の調査報道団体の見学に行った。向かったのは、非営利のニュース組織である「ニュース打破」だ。購読料を設けず、4万人の会員の寄付によって運営されている。李明博政権を批判して韓国の大手テレビ局を解雇された記者たちが始めた組織である。

 彼らは解雇された直後、組合の会議室のようなところを間借りした。どうせ、こうやって言論弾圧されるのであれば、一発、華々しいスクープをやって散ろう。そんな覚悟で寄付を募り、スクープを流したら、これがヒット。「次も期待している」「続けてくれ」とどんどん寄付が集まってきたのである。それが今や、4万人。

「打破」では皆が生き生きと働いていた。彼らと飲み、食い、相談した。徐々に「自分も」という熱い思いが突き上げていく。

 しかし、それでも渡辺は逡巡した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  2. 2

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  5. 5

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  6. 6

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  7. 7

    冠番組が2ケタ視聴率…出川哲朗に叶姉妹との意外な共通点

  8. 8

    綾瀬はるかvs石原さとみ 夏ドラマ「ホリプロ」対決の行方

  9. 9

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  10. 10

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

もっと見る