逆転無罪判決 シンドラー事故“責任宙ぶらりん”の不条理

公開日:

 2006年に東京・港区で起きたシンドラー社製エレベーターによる死亡事故で、東京高裁は14日、1審の業務上過失致死での有罪判決を破棄し、保守点検会社「エス・イー・シー」の幹部らに、逆転無罪判決を言い渡した。

 シンドラー社の無罪は2月に確定している。製造者も、保守点検業者も刑事責任は問われないことになるため、死亡した市川大輔さん(当時16)の母・正子さん(66)は「事故の責任はだれが取るのか」と憤った。

 都立高校2年だった大輔さんは、06年6月3日夜、港区の自宅マンションで、シンドラー社製のエレベーターに挟まれて死亡した。エス社の担当者は、9日前の5月25日にエレベーターを点検していたのに、だ。1審は点検の過失を認めたが、高裁判決は、異常摩耗の時期について、「事故発生前の比較的短期間で進行し、限界に達した可能性がある」とした。点検に問題はなく、点検後、事故が起きるまでのわずか9日間で、摩耗が進行したというのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る