• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ノーベル賞の根岸英一さんが米で交通事故 同乗の妻は死亡

 2010年にノーベル化学賞を受賞した米パデュー大学特別教授の根岸英一さん(82)が中西部イリノイ州内で交通事故を起こし、同乗していた妻すみれさん(80)が死亡したことが分かった。現地警察が14日、明らかにした。

 警察によると、隣接するインディアナ州在住の根岸さんは自宅から空港に向かった後、12日に行方が分からなくなり、親族から捜索願が出されていた。翌13日午前に警察がゴミ処理場内を歩いている根岸さんを発見。すみれさんは付近の側溝に転落した車のそばで死亡していた。根岸さんはすみれさんを車に残し、助けを求めて歩いていたとみられる。

 根岸さんは脱水症状を起こしており、現地の病院で治療を受けている。根岸さんの負傷の程度は不明だ。警察では、根岸さんがハンドル操作を誤って側溝に転落したとみており、すみれさんの死因やなぜゴミ処理場内に車を乗り入れたのかなどについて調べているが、事件性はないとみているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事