• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

イージス艦「あたご」衝突事故<1>無罪判決となった2士官は

 2008年2月19日午前4時7分、千葉県南房総市野島崎沖の太平洋上――。護衛艦「あたご」と漁船「清徳丸」が衝突、漁船員親子2人が死亡した。事故から10年を経た今、当時伝えられることのなかった自衛隊関係者の“今”に迫る。

  ◇  ◇  ◇

 組織に属している限り、たとえ当事者ではなくとも責任を取らなければならないこともある。

 今、陸海空の3自衛隊を束ねる統合幕僚長の河野克俊海将もそんな経験を持つひとり。その河野氏の旧部下が語る。

「事故当時、海幕防衛部長という現場の責任者として訓戒処分を受け、その後、左遷もされました」

 この旧部下によると、その左遷先でも河野海将は腐らず、任務に励んでいたという。そして海自では花形の要職、護衛艦隊司令官として復活した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    うつ男性に「一歩ずつ」…シュワちゃん“神対応”に絶賛の嵐

  2. 2

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  3. 3

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  4. 4

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  5. 5

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

もっと見る