• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

消えない傷あと 福島移住の柳美里氏が触れた被災者の思い

賠償金をめぐる地域コミュニティーの断絶

  ――実際に住んでみた被災地・福島は想像とは違いましたか。

 地域コミュニティーや家族同士の断絶が深刻です。仮設住宅近くのコインランドリーで出会ったおばあさんから聞いた話ですが、原発事故の影響で農業ができなくなり趣味のサークルに入った。ところがそこで「(警戒区域の)小高の人はお金もらえていいよね」と言われ、黙っていられなくて「じゃあ代わってくれ!」と言ってしまい、サークルに通えなくなったんだ……と。こうした賠償金をめぐる話はよく聞きます。

 旧「警戒区域」の方が賠償金を受け取るのは当然、失ったものはお金などでは償えないものだと思いますし、家族を亡くした人の「お金じゃないんだ」という気持ちはごもっともです。一方、避難区域外で津波に遭い、家族、家など全てを失った人が、区域内の方を羨ましく思ってしまう心の動きもやむを得ないものだと思います。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  4. 4

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  9. 9

    ジャニーズは酒と女で破滅 元TOKIO山口、NEWS小山の次は?

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る