消えない傷あと 福島移住の柳美里氏が触れた被災者の思い

公開日:

 11日で東日本大震災から7年。東京電力福島第1原発はいまだに汚染水をコントロールできず、廃炉の方法すら分からない。警戒区域や避難区域が徐々に解除され、日常は戻ってきているが……。原発から20キロ圏内の福島県南相馬市に震災後移り住んだ芥川賞作家の柳美里氏に、住んだからこそ分かる被災地の課題や被災者心理などを聞いた。

■南相馬の文化、風土、気質に惚れた

  ――震災から4年後の2015年に南相馬市に移住されました。きっかけは何だったのでしょう?

 話せば長くなるんですが、一言で言えば臨時災害放送の収録のためです。私が最初に南相馬を訪れたのは2011年4月21日。枝野幸男官房長官の「翌22日をもって原発から半径20キロ圏内を『警戒区域』に指定する」という発表を聞いたとき、立ち入り禁止になる前に町を見ておかなければ今後、町の人と関わるときに話ができなくなると思ったんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る