市vs観光協会の暗闘がもたらした 徳島・阿波おどり破産劇

公開日:

 日本の夏を代表するビッグイベント「阿波おどり」がグジャグジャになっている。今月1日、徳島市が主催者の徳島市観光協会の破産手続きを地裁に申し立てたのだ。

 阿波おどりの累積債務が4億3600万円に達したことが明らかになったのは昨年8月だった。地元の町村がバラバラに実施していた踊りを1972年に統合。桟敷席を設営し、シャトルバスを走らせるなどして大規模化したが、83年から赤字が出始めた。

 市はこの借金を損失補償してきた。市は観光協会を破産させ、同時に新たな運営組織を発足させてこの夏の阿波おどりを開催するという。協会を締め出したことになる。

 その裏に見え隠れするのが人間関係の軋轢だ。16年に遠藤彰良市長が観光協会の近藤宏章会長に辞任を迫ったため、昨年、近藤会長が市長を公務員職権乱用罪などで告訴。このときの会話がユーチューブにアップされるなどスッタモンダが続いた。地元関係者が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

もっと見る