• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ついに自民が小池潰しに本腰 狙うは東京五輪の損失2兆円

 自民党が本気で小池百合子都知事を潰しにかかってきた。ヤリ玉に挙げるのは、2020年東京五輪開催に伴い最大20カ月間、「東京ビッグサイト」(有明)の利用が制限される問題だ。企業と企業の“出合いの場”である展示会が長期間、開催できなくなり、その経済損失は2兆円にも上る恐れがある大問題である。

 業界団体の「日本展示会協会」が12日、都内のホテルで新年懇親会を開催。冒頭あいさつで石積忠夫会長は、「五輪憲章は、大会をきっかけに開催地の経済活性化と発展を掲げているが、逆のことが起きてしまうかも知れない」と危機感をあらわにした。

 続いて登壇したのは“口利きワイロ”疑惑で揺れた甘利明元経済再生相だ。昨年末に、展示会業界の発展を目的とした自民党の「展示会産業議員連盟」の新会長に就いたばかり。意欲満々にこう語った。


「経済を牽引すべき五輪が、経済にマイナスの影響を与えては元も子もありません。2兆円の損失を回避するために、マイナス効果をプラス効果に変えられるような手だてを検討していきたい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事